現在の天気 晴れ
現在の気温 26℃

定山渓温泉の歴史
History

慶応2年 >
19世紀からの癒やしの泉
江戸末期〜大正末期

世は江戸末期、
今を去ること百五十年前、
修験僧・美泉定山が
アイヌの人々の案内で
泉源と出会ったそうな。

昭和初期

厳しい自然に耐え
幾多の困難を乗り越えた定山は
温泉の礎を築いたのです。
そして、この地が
「定山渓」と命名されました。

昭和中期

時は流れ、
今では北海道を代表する
温泉地となりました。
沸々滾々と湧き出す湯に
想いを馳せながら、
今宵も定山渓温泉は
人々の心と体を優しく癒します。

そして、現在

幕末から明治、大正、昭和と、
日本が変貌を遂げていく中で、
北の都札幌の誕生と創生を見守り
共に歩んで来た定山渓温泉。
その恵まれた自然環境と
溢れ湧く良質のお湯とともに発展し、
先人達が守り慈しんだお湯は、
今日も私達の心と体を
優しく癒してくれています。
190万人が暮らす札幌市の、
あまりに近くにあった定山渓。
私達はもう一度原点にたち返り、
あの日・あの時の定山渓を大切にしながら、
定山渓温泉はこれまでも、これからも…
おかげさまの想いを込めて、
皆様のお越しをお待ちしております。
(2016年開湯150周年宣言より)

PHOTO HISTORY定山渓温泉はこうして今になる。

1918年に定山渓・白石間の鉄道開通から100年あまりを経て、定山渓の表情はめまぐるしく変化しました。戦争直後に激減した利用者。そして札幌市の戦後の急成長にともなって温泉街の発展。そんな定山渓の歴史や街並みを写真で振り返ります。

PAGE TOP