現在の天気 晴れ
現在の気温 22℃

景勝地紹介
定山渓ダム堤頂展望台

下流園地から遊歩道の365段の階段を登ると、少したいへんですが絶景の待つ展望台へ到着します。地上から117m、標高では392mの高さにある展望台からは下流園地を一望できるほか、定山渓温泉街も眺められます。ダム上流側はさっぽろ湖が青い水を湛えており、桜や新緑のころの春紅葉、葉の色の濃くなる時期はもちろん、絶妙な色彩を楽しめる自然林の紅葉は一見の価値があります。

道内2番目の高さを誇る
定山渓ダムは高さ117.5m、長さ410mの重力式コンクリートダムで11年の歳月をかけて建設され平成元年(1989年)に完成しました。ダムに貯められる水量は札幌ドーム52杯分にもおよび、豊平峡ダムとともに札幌市民の水がめとして、また洪水調節、発電と様々な役割をもつ多目的ダムです。
定山渓ダムの詳細はこちら

「さっぽろ湖」は公募で決定
ダムの名称は当初、川の名称から「小樽内ダム」と考えていましたが、地元の要望により「定山渓ダム」と決まりました。またダム湖は定山家温泉街を挟んで向かい合う「豊平峡ダム」のダム湖の名称が「定山湖」であったことから、一般公募により「さっぽろ湖」と名付けられました。

周囲は豊かな自然環境
札幌近郊でありながら緑豊かな定山渓ダムの周辺は、海抜400mでダムサイト付近は「支笏洞爺国立公園」に指定されています。周辺の植物は低山帯から高山帯まで分布しているのが特徴で、エゾマツやトドマツ、ハルニレやカツラをはじめとした針葉樹と広葉樹が混ざった自然の森林を形成し、エゾリス、シマリス、エゾモモンガなどの小動物、キタキツネ、エゾタヌキ、エゾシカ、ヒグマなどの野生動物、ジョウザンミドリシジミなどの昆虫が生息しています。7月中旬~下旬にかけては巣立ったクマタカの幼鳥が親鳥と一緒に上空を待っているのが見られます。エゾエンゴサクなど春には一斉に花が咲き誇り、6月ともなれば植物愛好家に人気のサクラソウ科の花々(オカトラノオ・クサレダマ・コナスビ)やエゾクガイソウなども楽しめます。園地周囲は四季折々の豊かな表情を見せてくれます。

インフォメーション

所在地
札幌市南区定山渓

カテゴリ

エリア
定山渓
区分
観光, 自然, フォトスポット
施設
無料
設備
景観
PAGE TOP