現在の天気 晴れ
現在の気温 26℃

景勝地紹介
赤岩の澗

豊平川を定山渓温泉街から1kmほど上流にさかのぼると、赤く染まった岩が連なる場所があります。ここは鉄分を含んだ赤錆色の岩が露出しているところから「赤岩の澗」と呼ばれ、『美泉定山』(定山渓温泉の開祖)が名付けたと伝えられています。

豊平川の流れは、この場所で赤岩の壁に激しく突き当り、直角に曲がり温泉街へ向けて流れを変えます。赤岩の崖上はエゾシカの冬の寝床で周辺はスノーシュー散策やバードウォッチングの好適地でもあり年間を通して、天然記念物のクマゲラやワシ・タカ類、オオルリやキビタキなどの渡り鳥、ヤマセミ、カワガラスなどの留鳥など、多くの山野の鳥、水辺の鳥を観察できます。訪れた人は口々に“自然からエネルギーをもらえる場所”だと言います。

※「澗」は俗字。正しくは「澗」の字は元々(本来)はもんがまえの中は「日」ではなくて「月」で、谷川の意味です。

インフォメーション

その他
いこい橋手前に親水公園入口があります。そこから続く散策路をしばらく進むと川が見える開けた場所になります。そこを川岸のほうに進むと『赤岩の澗』が見えます。

カテゴリ

エリア
定山渓
PAGE TOP