雪灯路2017 フォトコンテスト 入賞者発表

今年も雪灯路2017フォトコンテストにたくさんのご応募いただき、誠にありがとうございました。
ご応募いただきました作品は、雪灯路2017実行委員にて審査し、下記の通り入賞作品が決定いたしました。
各賞受賞作品は次の通りです。(各画像をクリックすると拡大されます)

 

最優秀賞 「やさしい灯りに包まれて」 森 大輔 さん

《賞品 章月グランドホテルペア宿泊ご招待券》

作者コメント
『毎年楽しみにしているステキなイベント定山渓温泉雪灯路におじゃまいたしました。寒いのにもかかわらず来場者・スタッフのみなさんはいつも笑顔でとても癒され気持ちが穏やかになるイベントです。初めて人物をメインに撮影してみました。ろうそくの灯りにやさしく包まれるイメージで撮りました。また来年も参加したいと思います!』

モデル女性とニット帽がとてもお似合いで、顔と髪がキャンドルの灯りに照らされたとても暖かい雰囲気と、画面全体の優しい色味が、まさにタイトル通りに「やさしい灯り」で包む様子を表現し、雪灯路に新しいストーリーを予感させるような素敵な作品です。昨年まではこの年代のモデルさんが写った作品の応募が少なかったという事もあり、大変印象的で今回の最優秀賞に選ばせていただきました。主催者側に雪灯路の新たなPRイメージを沸かせてくれた作品です

 

優秀賞 「奉納雪灯路」 皆川 秀文 さん

《賞品 定山渓万世閣ホテルミリオーネ ペアランチ+日帰り入浴ご招待券》

作者コメント
『煌めく雪灯路はまるで定山渓神社に奉納されるかのように社と一体になって夜の中に浮かび上がりました。』

会場全体を撮った写真は多数ありますが、このアングルは斬新。雪灯路は神社で開催しているのが特徴でもあるため、神社らしさと会場の雰囲気をともに伝える応募者様ならではのアングルだと感心しました。特に神社の梁の深い茶色や、幕の紺色が印象的です。奥のオレンジ色の全体の発色と併せてとても綺麗です。

 

優秀賞 「ふーするのっ」 小松 麻美 さん

《賞品 定山渓鶴雅リゾートスパ森の謌 ペアランチ+日帰り入浴ご招待券 》

作者コメント
『お誕生日みたい!と2歳の娘がロウソクで火をつけたり、ふー したりして楽しんでいる様子を撮影しました。』

13「ふーするのっ」

モデルであるお子様の手に火付け用のロウソクがあるということは、撮影者様とご一緒に火付けをお手伝いくださったのですね。(有難うございます) お子様を撮った写真が多数あった中、「ふー」している口元がとても可愛らしく印象的な作品でした。(本当は「ふー」して火を消しちゃダメですよ) 手前の明瞭なスノーキャンドルがあるため、バックのボカシた灯りが理解し易く、服の色と共に写真内全てが暖色系で暖かさを感じました。

 

 佳作 「灯火・夜空の向こうへ」 山田 仁志 さん

《賞品 定山渓グランドホテル瑞苑 ペア日帰り入浴ご招待券》

作者コメント
『無数の灯火の揺らめきは、夜空の向こうへと届けられる祈りや願いのように感じられました』

撮影者様の作品も実は中々ありそうでなかったポジションからの構図で高評価でした。魚眼レンズにて可能となったフレーミングですが、写真上部の黒い夜空の部分に文字を入れてPR用に使用してみたい作品です。

 

 佳作 「願いHARUKA」 土井 啓次 さん

《定山渓ビューホテル ペア日帰り入浴ご招待券》

作者コメント
『温かく柔らかな光に包まれた、母を見つめるあどけない表情が印象的でした。』

37 願いHARUKA

実はお母さんを見つめているお写真とのことですが、遥か遠くを見つめているようなを表情を上手く切り取った作品でした。子供の表情と構図が素敵な作品で一同印象的な作品として選ばせていただきました。

 

 佳作 「神のテリトリー」 荒井 克則 さん

《賞品 ホテル鹿の湯 ペア日帰り入浴ご招待券》

作者コメント
『定山渓神社境内でしか見られない、神の棲むスノーキャンドル光景を撮りました。』

21神のテリトリー

既存の灯篭をメインモチーフにし、雪灯路を象徴する神社での開催を分かり易く表現していただいた作品です。それに加え、厳粛な風格も感じる作品として選ばせていただきました。

 

かっぽん賞 「温もりの雪灯路」 大坂 彩花 さん

《賞品 かっぽんグッズ詰め合わせ》

作者コメント
『ろうそくの灯りに照らされてゆるぎなく可愛いかっぽんに今年も沢山癒されました。氷点下の中、ほっこりと温かな気持ちになれる大好きなイベントです。』

23温もりの雪灯路

今年は天気に恵まれ、開催期間中には定山渓温泉PR隊長“かっぽん”も多く登場しました。しかし‟かっぽん”を扱った作品の応募が少なく、大坂様は“かっぽん賞”常連の方ですが、完成度の高い作品で、さすがのかっぽん賞選出になりました。

 

実行委員長賞 「炎舞~ENBU」 岡崎 裕一 さん

《賞品 たまねぎすうぷ》

作者コメント
『定山渓の『和』を強調したく狙った一枚です。日本に改めて温泉地の良さ、そして世界へ日本の定山渓をアピールしたいです。』

6炎舞~ENBU

今季晴天に恵まれた雪灯路でしたが、唯一雪が降っていた日でのパフォーマンスショーの一枚。雪が降っている中、肩を出したダンサーの極寒さが伝わり、多くのファイヤーダンスをテーマにした作品の中で、迫力と空気感が最も印象的な作品として選ばせていただきました。

 

入賞者の皆さまおめでとうございます。

すべての応募作品の著作権及びその他の関係する権利は、(一社)定山渓観光協会に無償で移転、帰属し、当協会が管理する各種メディア(HP、定山渓PR等のチラシなど)で使用することがありますので予めご了承ください。また、画像の一部を加工して使用することがあります。(このとき第三者に貸与することがありますのでご了承下さい。)ご応募いただいた時点で、本応募要領に記載する諸条件に同意したものとみなします。

 

おすすめのコンテンツ